アクリルとは

「アクリル」とは一般的な呼称であり、略号は「PMMA」正式名称としては「ポリメチルメタクリレート樹脂(ポリメタクリル酸メチル樹脂)」という名前です。アクリル樹脂はプラスチックの一種で、熱可塑性樹脂に分類されています。

プラスチックの中でも抜群の透明性と耐候性を持ち、加工性や発色性、環境適正にも優れていることから、レンズ、装飾、水族館、インテリア、ディスプレイまで、私たちの生活の様々な物に使われています。

アクリル板の特徴

美しい透明感

光線透過率93%はガラス(92%)を凌ぎます。上質な質感から「プラスチックの女王」と呼ばれています。

加工の自由度

切断、穴あけ、曲げ、接着など、また彫刻や印刷加工などもでき、多種多様な製品に使用されています。

高い耐候性

太陽光や風雨・雪などの気象条件にも優れた耐候性を発揮し、看板や建築材料に適します。

耐衝撃性に優れる

万一破損しても、ガラスのように大きく破片が飛び散ることはありません。

耐久性屋外で使用しても特に問題ありません。透明度や強度の低下は極めて低い素材です。着色アクリルは一部退色するものもあります。
耐衝撃性アクリルの表面の固さは、ほぼアルミニウムと同じです。強度はガラスが1に対してアクリル板はその約10~16倍あります。
電気絶縁性  自転車のランプレンズ、電飾看板カバーなどに使用され、高電圧にも耐えることができます。
耐熱性使用温度は-40℃~+65℃です。高温になると変形する性質です。
燃焼性木材とほぼ同程度です。着火するとそのまま燃え続けます。炎や高温源には近付けないで下さい。
耐薬品性薬品に弱い。溶剤や薬剤でクラック(ひび割れ)が生じやすい。

アクリル板の種類

……編集中…… 今しばらくお待ちください(。-人-。)